これくらいは知っておきたい、女性ホルモンの基礎!

おっぱいについての基礎知識
これくらいは知っておきたい
女性ホルモンの基礎!

胸が大きいか小さいかに大きく関与している女性ホルモンですが、

エストロゲン、プロゲステロンの2種類が有り、

互いに影響しながらバランスを保っています。

 

エストロゲン

月経から排卵までの期間「卵胞期」に多く分泌され、

以下のような作用が有ります。

・女性らしい丸みを帯びた身体を作る

・自律神経、感情の動きや脳の働きを整える

・基礎体温を下げる

・骨密度を保つ

・コレステロールを抑える

・コラーゲンを増やす

 

 

プロゲステロン

排卵から月経までの期間「黄体期」に多く分泌され、

妊娠に大きく関与するホルモンで、以下のような作用が有ります。

・乳腺を発達させる

・基礎体温を上げる

 

 

 

女性の身体は月経周期に合わせて、ホルモンの分泌も変化しています。

エストロゲンの多く分泌される「卵胞期」では、

肌の調子や気分も上向きの期間ですが、

プロゲステロンが多く分泌される「黄体期」では、

むくみや熱っぽさ、イライラなど心身に不調をきたすことも有ります。

 

バストアップサプリの主成分であるプエラリアには、

植物性のエストロゲンが多く含まれていて、

女性らしく胸が膨らむ効果を期待されています。

 

ただ、黄体期では本来プロゲステロンが優位になる期間ですので、

その期間に多く採ってしまうとホルモンバランスが崩れ、

生理不順や肌荒れなどの原因になり得ます。

自分の生理周期に合わせて飲む量を調整するのが肝要です。

 

 

 関連記事

おっぱいについての基礎知識

おっぱいの中ってどうなってる?

胸が大きい人と小さい人の差って何?

 

バストアップサプリ

バストアップサプリで胸が大きくなる理由

プエラリアでは胸は大きくならない?

実は危険?プエラリア3つの注意点

 

バストアップサプリ13商品を徹底比較してみました。
サプリ13商品2

13商品の価格比較

13商品の成分比較

 

他のバストアップ方法

豊胸手術

バストアップクリーム

DVD教材

補正下着

 

胸を大きく見せる方法

エアポンプを使った画期的ブラ

寄せて集めて大きく見せるブラ一覧

 

 

 

 

 

コメントを残す




CAPTCHA