バストアップサプリに入ってるダイエット系成分一覧

バストアップサプリの成分
ダイエット系の成分について

バストアップサプリは女性ホルモンに似た作用を持つ成分が主成分ですが、

ダイエット系の成分が入っていることも多いです。

そうした成分についてまとめます。

 

燃焼系アミノ酸BCAA

体内で合成されない必須アミノ酸であるバリン、ロイシン、イソロイシンの3つのこと。

筋肉痛や疲労の軽減や、筋肉の合成を促進する働きが有ります。

BCAAを摂取してから運動をすると、脂肪が減少することが認められています。

これを飲めば痩せるというわけではなく、

運動して痩せるのをサポートしてくれる成分です。

 

ギムネマ

ギムネマシルベスタ

正式名は「ギムネマ・シルベスタ」。

インド中南部原産のガガイモ科のつう性植物です。

糖分の吸収を抑制し血糖値の上昇押えるので、

糖尿病の予防やダイエット効果が有ります。

食前に飲むのが良いようです。

 

カプサイシン

唐辛子

唐辛子の辛味をもたらす主成分。

体内に吸収されると脳に運ばれ、アドレナリンの分泌が活発になり、

発汗や強心作用を促します。

体脂肪を燃やすなどのダイエット効果があると言われていますが、

国立健康・栄養研究所によると、口から摂取した時の効果で、

信頼できるデータは見当たらないとのことです。

 

アドレナリンが出過ぎるのは身体に良くないので、

大量に摂取した場合の毒性が指摘されています。

 

サラシア

sarasia

サラシアはインドやスリランカ、東南アジア、ブラジルなどの

熱帯地域に広く自生するつる性の植物で、

血糖値上昇抑制効果が有ると言われています。

 

コレウスフォルスコリ

コレウスフォルスコリ

インドやネパールに自生するシソ科の植物で、

根に含まれるフォルスコリンという成分に、

脂肪分解を促進する効果や糖分の吸収を抑える効果があると言われています。

血圧を下げる効果も有るので、高血圧の人にはありがたいですが、

もともと低血圧の人は摂取量に気を付けた方が良いようです。

 

L-カルニチン

体内で生成されるアミノ酸の一種で、おもに牛肉の赤身などに含まれる栄養素。

脂肪の燃焼はミトコンドリアで行われますが、

L-カルニチンが脂肪をミトコンドリアに運ぶという重要な役目を担っています。

ただ、体内で充分に生成されるので、意識して摂取する必要は無いとも言われています。

 

メリロート

ヨーロッパからアジアまで広く自生するマメ科の植物です。

メリロートに含まれているクマリン、サポニン、ケルセチンといった成分に、

抗酸化作用、抗菌作用、血行促進作用などが有り、

むくみ軽減や肥満防止の効果が有ると言われています。

 

ヨーロッパではクマリンの服用限度基準量が決められていますが、

日本ではその2倍以上も摂取可能になっており、

摂りすぎによって肝機能障害になりかねないという指摘も有るようです。

 

YUKA150701038569_TP_V

 

 

 

 関連記事

バストアップサプリの女性ホルモン系成分

バストアップサプリの美容系成分

 

おっぱいについての基礎知識

おっぱいの中ってどうなってる?

胸が大きい人と小さい人の差って何?

 

バストアップサプリ

バストアップサプリで胸が大きくなる理由

プエラリアでは胸は大きくならない?

実は危険?プエラリア3つの注意点

 

バストアップサプリ13商品を徹底比較してみました。
サプリ13商品2

13商品の価格比較

13商品の成分比較

 

他のバストアップ方法

豊胸手術

バストアップクリーム

DVD教材

補正下着

 

胸を大きく見せる方法

エアポンプを使った画期的ブラ

寄せて集めて大きく見せるブラ一覧

 

 

 

 

 

コメントを残す




CAPTCHA