楽チンブラトップはおっぱいが垂れる?!

おっぱいについての基礎知識
ブラトップはおっぱいが垂れる?!

カップ付きキャミソールのブラトップ。

楽チンなので愛用者が増えていますが、おっぱいが垂れるのでは?

ブラトップのメリット・デメリットを調べてみました。

 

%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%972%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%971

 

ブラトップのメリット

 負担が少ない

ワイヤーなどが入っていないので、ブラジャーと比べて締め付け感がありません。

また、肩にかかる負担も激減します。

通気性も良いので夏でも蒸れません。

洗濯もジャブジャブ洗って干すだけなので楽チンです。

 

 見えても気にならない

ブラジャーの肩紐と違って、下着が見えてるという感じが有りません。

逆に積極的に見せるものも有ります。

%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%973

 

 エクササイズに最適

とても動きやすいので、ストレッチやヨガなどの

エクササイズに最適です。

 

 冷え対策に有効

ブラジャーはおっぱいだけですが、

ブラトップはおなかの方まで有るので、冷え対策になります。

 

 価格が安い

ブラジャーにも安いものは有りますが、

ブラトップは安くて丈夫な商品が豊富です。

 

ブラトップのデメリット

 おっぱいが垂れやすい

締め付けが無い分、おっぱいを支える効果が少ないので、

おっぱいが垂れやすくなってしまいます。

 

 おっぱいの形が崩れる

ブラトップのカップは、サイズの合ったブラジャーとは異なり、

自分のおっぱいの形に沿ってしっかりとはホールドしてくれません。

カップでおっぱいをつぶしてしまうことも有ります。

 

 激しいスポーツには不向き

おっぱいが揺れるとおっぱいの中のクーパー靭帯が切れてしまいます。

スポーツする時はおっぱいが揺れを防ぐブラジャーを着けるべきで、

ホールドの弱いブラトップでは不向きです。

⇒おっぱいの中ってどうなってるの?

 

 夜用には不向き

ブラトップは楽チンですが、ホールドが弱いので、

ナイトブラのような寝ている時の型崩れを防止する効果は

期待できません。

⇒本当はどっち?寝る時ブラは外すべき?着けるべき?

 

 対策法

 毎日では無く、たまに着用する

 キャミソールタイプの紐で調整する

キャミソールタイプのブラトップであれば、紐で調節が可能です。

 

 

 

 

 関連記事

おっぱいについての基礎知識

おっぱいの中ってどうなってる?

胸が大きい人と小さい人の差って何?

 

バストアップサプリ

バストアップサプリで胸が大きくなる理由

プエラリアでは胸は大きくならない?

実は危険?プエラリア3つの注意点

 

バストアップサプリ13商品を徹底比較してみました。
サプリ13商品2

13商品の価格比較

13商品の成分比較

 

他のバストアップ方法

豊胸手術

バストアップクリーム

DVD教材

補正下着

 

胸を大きく見せる方法

エアポンプを使った画期的ブラ

寄せて集めて大きく見せるブラ一覧

 

 

 

 

 

コメントを残す




CAPTCHA