女性必須の知識、乳がん検査の種類と費用は?

おっぱいについての基礎知識
乳がん検診の種類と費用

日本で女性がもっとも多く発症する乳がん、

早期発見が重要となりますが、どんな検診があるのでしょう。

乳がんの症状は自分で発見できるものも多いので、

まずは自分や彼氏、配偶者が常に気に掛けておくのが良いでしょう。

 

40代以上になったら定期的に医療機関で検診を受けるのが良いようです。

地方自治体によって2年に1度の検診が実施されており、

0~3,000円程度の自己負担で受けられます。

 

40歳まではこうした補助は受けられませんが、

しこりなど気になることがある時は特に自主的に検診を受けましょう。

 

乳がん検診の種類

 視触診

おっぱいの変形や、しこり、リンパの腫れなどが無いか確認します。

 

 マンモグラフィ検査

X線によって微細な石灰化を発見します。

早期発見が可能ですが、乳腺が多い若い女性には向きません。

 

 超音波検査

超音波によっておっぱい内部を画像化します。

マンモグラフィの様に微細な石灰化を見つけることは出来ませんが、

触診では発見困難な小さなしこりを発見できます。

若い女性でも問題ありません。

 

 

大雑把には若い女性は超音波検査の方が良いと言えますが、

マンモグラフィとどちらが良いかは個人によって異なります。

事前に医師と相談しましょう。

 

乳がん検診の費用

全額自己負担する場合、マンモグラフィ単独で5,000円前後、

超音波単独で3,500円前後、両方で10,000円前後です。

これに診療代等も加わって15,000~20,000円程度になります。

 

 

参考にしたサイトを紹介します。

いしゃまち

乳がん検診info

病院の検査の基礎知識

認定NPO法人乳房健康研究会

 

 

 

 関連記事

おっぱいについての基礎知識

おっぱいの中ってどうなってる?

胸が大きい人と小さい人の差って何?

 

バストアップサプリ

バストアップサプリで胸が大きくなる理由

プエラリアでは胸は大きくならない?

実は危険?プエラリア3つの注意点

 

バストアップサプリ13商品を徹底比較してみました。
サプリ13商品2

13商品の価格比較

13商品の成分比較

 

他のバストアップ方法

豊胸手術

バストアップクリーム

DVD教材

補正下着

 

胸を大きく見せる方法

エアポンプを使った画期的ブラ

寄せて集めて大きく見せるブラ一覧

 

 

 

 

 

コメントを残す




CAPTCHA