豊胸手術は危険?!後遺症とリスクを調査

おっぱいについての基礎知識
豊胸手術の後遺症とリスク

おっぱいを確実に大きくする手段といったら、豊胸手術ですよね。

でも豊胸手術は高価だし、後遺症やリスクが心配!

そんな豊胸手術について調べてみました。

 

豊胸手術の種類と特徴

 脂肪注入法

自分の身体の他の部分から脂肪を吸引して胸部に注入する方法です。

もともと自分の脂肪なので、不自然さがありません。

 

 シリコンバッグ挿入法

シリコンバッグを挿入する方法です。

シリコンバッグの大きさを調整すれば良いので、理想のサイズに仕上がります。

以前は直接シリコンを注入していたために問題が発生していましたが、

現在は飛躍的に安全性が向上しています。

 

 ヒアルロン酸注入法

胸部に注射でヒアルロン酸を注入します。

注射なので他の方法と比べて格段に手軽ですが、

注入量には制限が有り、大幅なサイズアップは望めません。

また、ヒアルロン酸は体内に吸収されるので、

効果は1~2年しか持続しません。

 

各方法の後遺症・リスク

 脂肪注入法

注入した脂肪が壊死して感染症を引き起こし、

痛みや腫れが1~2週間続くことが有ります。

壊死した脂肪はしこりとなったり、さらに石灰化して硬くなることが有ります。

こうした症状は、大量に脂肪注入すると起こりやすいようです。

 

 シリコンバッグ挿入法

シリコンバッグは身体にとっては異物なので、

周りに膜を作って身体を守ろうとします。

その膜によっておっぱいが硬くなったり、変形したりします。

 

 ヒアルロン酸注入法

ヒアルロン酸の質によっては、ヒアルロン酸の周りに皮膜が出来、

しこりや変形を発生することが有ります。

 

 

事前に医師としっかりと話し合い、

こうしたリスクが有るということをしっかりと認識した方が良いようです。

 

 

参考にしたサイトを紹介します。

スキンケア大学 豊胸手術の気をつける点・後遺症

スキンケア大学 豊胸手術の失敗について

医師が教える美容ゼミ

 

 

<当ブログの記事>

おっぱいについての基礎知識

おっぱいの中ってどうなってる?
胸が大きい人と小さい人の差って何?

 

バストアップサプリ

バストアップサプリってほんとに効果有るの?
身体に悪影響は無いの?

 

他のバストアップ方法

豊胸手術
バストアップクリーム
DVD教材
補正下着

 

胸を大きく見せる方法

エアポンプを使った画期的ブラ
寄せて集めて大きく見せるブラ一覧
身に着けるだけで理想のボディラインが手に入るランジェリー

 

 

 

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください