谷間が出来ない!!離れ乳の原因と対策

おっぱいについての基礎知識
離れ乳の原因と対策は?

左右の胸が離れているために谷間が出来ない!

そんな風に悩んでいる人も多いのでは?

 

そもそもなぜ左右の胸が離れるの?

川崎中央クリニックによると、

おっぱいは大部分が脂肪で出来ているので、

横から背中などに肉が流れてしまうからだそうです。

 

一方、豊胸専門 池田ゆう子クリニックボディメイクコラムによると、

胸を支える筋力の低下が原因とのことです。

 

それぞれの内容はちょっと異なっていますね。

筋力低下が原因なら筋肉を付ければ良いかと思いますが、

筋肉が付くと脂肪が減っておっぱいが小さくなってしまう

という話も有るので・・・バストケアって難しいですよね。

 

離れ乳の対策法

原因については両院の主張が異なっていますが、

対策については一致しています。

それはブラジャーです。

 

肉が流れないように、またクーパー靭帯を傷つけないために、

自分に合ったブラジャーを正しく着けることです。

 

ワコールのアンケートによると、

9割の人が自分に身体に合っていないブラジャーを着けている

とのことです。

それを防ぐためには必ず店頭で採寸・試着するのが良いです。

 

寝ている間も、楽だからといってノーブラは良くありません。

ナイトブラを使用するのが良いです。

クーパー靭帯は一度傷つくと元には戻らないそうです。

後で後悔しないように、きっちり習慣付けましょう。

 

みんな出来ていない?!おっぱいの垂れを防ぐブラジャーの正しい着け方

おっぱいについての基礎知識
おっぱいの垂れが心配、
防止には正しいブラジャーの付け方を身に着けよう!

多くの女性がおっぱいの垂れを気にしています。

ワコールの「女性のバストの下垂に関する意識」調査によると、

5割の人が今の自分のおっぱいの垂れを気にし、

6割の人が今後の自分のおっぱいの垂れを気にしています。

おっぱい垂れ

 

おっぱいの垂れを防ぐには、正しいブラジャーを着けることが重要ですが、

ワコールのブラジャーに関する実態調査によると、

なんと9割の人が身体に合っていないブラジャーを着けていたそうです。

 

サイズが合っていないのはもちろん駄目ですが、

サイズは合っていてもその内の7割の人は身体に合っていないそうです。

身体に合ってない

 

また、残念なことにブラジャーの着け方も9割の人が間違ってたそうです。

 

ブラジャーってもともとおっぱいの形を維持するために着けているもの。

それなのにこの結果はちょっと散々ですよね。

 

おっぱいの垂れは、加齢によるものだけでなく、

おっぱいの揺れにも大きく影響されます。

正しい選び方、着け方を身に付けたいですね。

 

ワコールでは、購入時に店頭で採寸・試着することをすすめています。

豊胸専門 池田ゆう子クリニックのボディメイクコラムに、

正しいブラジャーの着け方が載っています。

前屈みで行うのがコツみたいです。

%e3%83%96%e3%83%a9%e3%81%ae%e7%9d%80%e3%81%91%e6%96%b9

 

左右のおっぱいの大きさが違う!どうすれば治る?

おっぱいについての基礎知識
左右の大きさが違う!
どうすれば良い?

あなたのおっぱい、左右の大きさは同じですか?

ワコールと宝島社のアンケートによると、なんと7割の人が

左右のおっぱいの大きさが違うと感じています。

左右の大きさ

 

そもそも人間の身体は完璧に左右対称にはなりませんが、

実に多くの人が大きさの違いを実感しているんですね。

では、どうすれば左右の大きさを同じくらいに出来るのでしょう?

 

川崎中央クリニックのホームページにいくつか改善案が載っています。

 

 利き手ではない手を積極的に使用する

おっぱいは脂肪が大半を占めています。

筋肉が付くと脂肪が減るので、筋肉が付きやすい利き手側のおっぱいが

小さくなる傾向にあるようです。

 

 姿勢矯正で理想のバストを!

姿勢が悪く、身体や骨盤が歪んでいると左右のおっぱいの大きさに差が出ます。

 

 リンパマッサージで左右均等の胸を手に入れる

おっぱいの発育にはリンパの流れの良し悪しが大きく影響します。

 

 ブラジャー選びで胸は変わる

小さい方のおっぱいにサイズを合わせると、

大きい方のおっぱいが締め付けられてしまいます。

大きい方のおっぱいに合わせましょう。

 

胸を隠して猫背になるとますます貧乳に?!

おっぱいについての基礎知識
自分の胸が小さいと気にして、
猫背になるとますます貧乳に?!

女の子にとって胸の大きさは形は大きな関心ごと。

胸に関するアンケートでは「小さい」という悩みが一番多いみたい。
⇒みんなどう思ってる?おっぱいの悩みと理想のおっぱい

 

胸が小さいとセクシーな服は選びにくいですし、

ビキニを着てもなんか子供っぽくなっちゃうし、

友達と温泉に行ったりした時に同情されそうで不安になったり。

 

そんな風にコンプレックスを抱いちゃうと猫背になりがちですよね。

猫背になると姿勢が悪くてスタイルが悪く見えちゃうだけでなく、

実はバストへの血行が悪くなるので、

ますます胸の成長を妨げ貧乳になっちゃいます。

 

本人は胸が小さいことを気に掛けていても、

実際に周りの人は小さいなんて感じていないものですよ。

たとえ本当に胸が小さいとしても、堂々と背筋を伸ばした方が良いですよ!

002

 

胸が大きく見える下着なんかも有りますし、

人間の意識ってすごいから、普段から胸を張っていれば

本当に胸が大きくなったりすることも有ります。

 

よく脚を出していると脚が細くなるって言いますよね。

見られているって意識すると体型が変わるんですよね。

 

そうは言っても「胸が小さい」と感じている人が、

今日からは胸を強調して・・・なんてなかなかできないですよね。

だから胸が大きくなるって言われていることを試すと良いかもしれません。

「きっと大きくなる」って裏付けがあれば、その意識だけで効果があるかも。

 

食事でおっぱいが大きくなる?!

おっぱいについての基礎知識
おっぱいが大きくなる食事って無いの?

食事によっておっぱいを大きくすることは可能なのでしょうか?

 

おっぱいが大きくなるのは女性ホルモンの働きによるものですから、

女性ホルモンの分泌を促したり、ホルモンバランスを調整する作用のあるものを

摂取すればおっぱいが大きくなることも有り得ます。

 

美容外科の川崎中央クリニックのクリニックブログや、

豊胸専門 池田ゆう子クリニックボディメイクコラムによると、

以下の栄養素がバストアップに効くそうです。

 

たんぱく質

・女性ホルモンの分泌を促す効果がある

・不足すると筋肉が弱まっておっぱいが垂れる

鶏肉

【おすすめの食材】

鶏肉(特にササミや胸肉)、マグロ

 

ボロン

・女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌を促し働きをサポートする

キャベツ

【おすすめの食材】

キャベツ、果物、豆類、海藻類

 

大豆イソフラボン

・女性ホルモンの1つであるエストロゲンとよく似た作用を持つ

大豆

【おすすめの食材】

大豆製品

 

ビタミンA,B,C

・肌にハリを与える

・血行を良くする

ほうれん草

【おすすめの食材】

ほうれん草、トマト、柑橘類

 

ジオスニゲン

・女性ホルモンを活発にする

yamaimo

【おすすめの食材】

山芋

 

おっぱいの中ってどうなってるの?

おっぱいについての基礎知識
おっぱいの中ってどうなってるの?

大きさはさまざまですが、成人女性のおっぱいは膨らんでいます。

その中身ってどうなってるのでしょう?

 

おっぱいは「脂肪」と「乳腺」、

それらをまとめて支える「クーパー靭帯」で出来ています。

 

90%以上が脂肪だとも言われていますが、

脂肪と乳腺の構成比によっておっぱいの柔らかさが変わるようで、

加齢によるホルモンバランスの変化によっても変わってきます。

 

おっぱいは女性ホルモンによって膨らみます。

女性ホルモンにはエストロゲン、プロゲステロンの2種類が有り、

エストロゲンは女性らしい丸みを帯びた身体に、

プロゲステロンは乳腺を発達させてくれます。

 

おっぱいに筋肉は無いので、重力や揺れはクーパー靭帯で支えています。

運動などで鍛えることは出来ないので、一旦垂れ始めたら戻すのは困難です。

形を維持するには自分に合ったブラでしっかりと支えてあげましょう。

 

これくらいは知っておきたい、女性ホルモンの基礎!

おっぱいについての基礎知識
これくらいは知っておきたい
女性ホルモンの基礎!

胸が大きいか小さいかに大きく関与している女性ホルモンですが、

エストロゲン、プロゲステロンの2種類が有り、

互いに影響しながらバランスを保っています。

 

エストロゲン

月経から排卵までの期間「卵胞期」に多く分泌され、

以下のような作用が有ります。

・女性らしい丸みを帯びた身体を作る

・自律神経、感情の動きや脳の働きを整える

・基礎体温を下げる

・骨密度を保つ

・コレステロールを抑える

・コラーゲンを増やす

 

 

プロゲステロン

排卵から月経までの期間「黄体期」に多く分泌され、

妊娠に大きく関与するホルモンで、以下のような作用が有ります。

・乳腺を発達させる

・基礎体温を上げる

 

女性の身体は月経周期に合わせて、ホルモンの分泌も変化しています。

エストロゲンの多く分泌される「卵胞期」では、

肌の調子や気分も上向きの期間ですが、

プロゲステロンが多く分泌される「黄体期」では、

むくみや熱っぽさ、イライラなど心身に不調をきたすことも有ります。

 

バストアップサプリの主成分であるプエラリアには、

植物性のエストロゲンが多く含まれていて、

女性らしく胸が膨らむ効果を期待されています。

 

ただ、黄体期では本来プロゲステロンが優位になる期間ですので、

その期間に多く採ってしまうとホルモンバランスが崩れ、

生理不順や肌荒れなどの原因になり得ます。

自分の生理周期に合わせて飲む量を調整するのが肝要です。

 

胸の大きい人と小さい人、その差って何?

おっぱいについての基礎知識
胸の大きい人と小さい人、
その差って何?

女性にとっては大事なバスト、

胸の大きい人と小さい人の差って何なのでしょう?

 

そもそも女性の胸は、妊娠できる身体になったことを

男性にアピールするために膨らむと言われています。

そして、胸を膨らませる働きをするのが女性ホルモンです。

 

初潮を迎える1年位前から膨らみ始め、18歳から20歳くらいで

女性ホルモンの分泌がピークに達し、その間が成長期になります。

胸が大きい人と小さい人の差は、実は女性ホルモンの分泌量です。

 

遺伝的要素は30%程度しかないと言われています。

過度な運度やダイエット、ストレスなどによって、

女性ホルモンの分泌が妨げられますので、生活習慣が大きな要素となります。

ストレスをためず、よく眠りバランスの良い食事を取る事が重要です。

 

そういえば、一流のアスリートには胸の大きい人は少ないような・・・。

成長期の過度な運動で、女性ホルモンの分泌が少なかったのかも。

 

まだ成長期の人は、生活習慣に気を付けていれば、

自然と女性ホルモンが分泌され、胸は大きくなります。

あまり焦らない方が良いでしょう。

 

すでに成長期を過ぎてしまった人にとっては、

女性ホルモンと同じような働きをする成分の入ったサプリが

効果を発揮するかもしれません。